エコジョーズを導入することで他の給湯器より光熱費が安くなる

補助金が下りる

バスセット

現代の住宅設備でなくてはならないものが給湯器です。
給湯器は水道水などを加熱して、お湯を供給してくれる装置であり、供給されたお湯は、お風呂はもちろん台所や洗面台で使われます。
特に冬の寒い時には、温かいお湯は快適な生活を送るためにも必要なものといえます。
しかし、給湯器もトラブル知らずで働き続けるわけではありません。
給湯器はその熱源の種類にもよりますが、寿命が8年から10年と言われています。
特に炎を熱源とするガスや灯油を使ったものは部品の劣化も激しく故障の原因になります。
修理の方法としては部品を交換することになりますが、心臓部の熱交換器が故障している場合には、4万円から6万円ほどするため、買い替えを行なった方が安い場合があります。

給湯器の修理業者は、街の水道屋さんから販売店やメーカーの直接サポートまで多岐に渡ります。
いずれにしても必要な知識と交換する部品を調達できれば、修理を行うことができるので多くの業者が参入しているのが現状です。
そのため、どこに依頼して良いのか迷うことになりますが、不安であればメーカーに依頼するのが無難です。
また多くのメーカーおよび修理を専門としている業者であれば、24時間365日受付を行なっているので素早く修理を依頼することができます。
修理に掛かる費用としては、購入して1年であればメーカー保証の対象となるので適切な業者に依頼すれば無料で行なってくれます。
一方で、トラブルが多く発生するのは3年以上経ったあとが多く、費用が掛かります。
給湯器の部品を交換するとなると5万円以上は掛かる場合がありますし、古くなればなるほど部品の調達が難しくなるので、10年以上経っている場合には機械そのものを交換するのが一般的です。